Apple Watchがやってきた

発売から1年が過ぎ、今更感があるのは否めませんが、Apple Watchを買いました。Apple Watch Sportの42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックウーブンナイロンです。

Apple Watch Sport 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックウーブンナイロン
Apple Watch Sport
42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックウーブンナイロン

昨年のApple Watch発売当初は、全く必要性を感じなくて、完全にスルーするつもりでした。腕時計はApple Watchよりも高価なAstronを使っていますしね。しかし最近、Apple Watchがあると便利だと思うことがあり、しばらく前から本格的に検討を始めていました。折しも、Astronの使用に不便を感じることも増えてきていましたので(その辺りの事はまた改めて)。

どのような点でApple Watchがあれば便利だ、必要だと感じたかというと、第一には電話やSMSの着信通知です。私は普段からiPhoneはサイレントモードにしています。仕事中はもちろん、電車やバスでの移動中にゲームをしている時にも音を鳴らしたくないからです。この状態でズボンのポケットなどに入れていると、着信があって振動しても気づかないことも多くあります。昨年秋にiPhone 6s Plusにしてからはポケットどころかカバンの中に入れていることもあり(大きいですからね)、ますます着信に気づかないことが増えました。Apple Watchが手首で振動して知らせてくれれば着信を逃さないだろうと考えたわけです。

もう一つはApple Watchを活動量計として使ってみたいということです。がっつり運動をするつもりはありませんが、だからこそ普段の歩く距離などにもう少し気をつかってみたいと思いました。仕事でも家でもPCの前に座って長時間作業をすることが多いので、定期的に立ち上がるのを促してくれるのも良いかなと考えました。

以前にアップルストアでApple Watchを試着させてもらったことがあります。その時はApple Watch Sportのアルミケースも、シリコン製のスポーツバンドも質感が安っぽく感じられ、もし買うならステンレススチールのケースとリングブレスレットがデザイン的に良いと思いました。が、その組み合わせだと結構な値段になるんですよね。いざ現実的に買うとなった場合、Sportモデルの方が値段のお手頃さに加えて当地の高温多湿な環境には適しており、また最近発売されたウーブンナイロンのバンドならそこまで安っぽくもないのでこちらの組み合わせにしました。ウーブンナイロンの評判もなかなか良さそうですし。

まだ1〜2日しか使用していないのですが、ここまでの使用感はいいですね。電池の持ちも朝から夜までつけていてもまだ50%以上の電池残量がありますし、iPhoneと同じように夜充電しておけば普通は問題なさそうです。手首を上げて時計を見る操作をしないと表示がされない点は、購入前から分かってはいたもののやっぱりちょっと不便ですけどね。あと定期的に指紋を拭き取らないとちょっとカッコ悪いかな。着信の通知はしっかり感じとれますし、アクティビティの目標(ムーブ・エクササイズ・スタンド)をなるべく達成したいという動機付けも(少なくとも今のところは)働き、日中はなるべく装着しておこうと思っています。