ポートレートだけじゃない

XF56mmF1.2 Rは、このレンズを使うためだけにXマウントを選んでもいい、神レンズと評判です。

56mm(フルサイズ換算85mm)レンズはポートレート用と言われていますが、スナップ用としても優秀だと思います。画角は狭くなりますが、その分余計なものを省いて主題にフォーカスした写真が撮れます。X-T2用にどのレンズを買うべきか調べている時に、このレンズで撮られたスナップ写真を何枚も見て、自分もそんな写真が撮りたいと思いました。当初、単焦点はとりあえず1本で始めようと考えていましたが、どうしてもこのレンズが欲しくなって買ってしまいました。23mm(X100F)も35mmもF2なので、それよりも明るいレンズも欲しかったですし。値段は結構しますけど、それに見合うだけの性能のレンズだと感じました。

ちなみに、XF56mmF1.2 R APDという、全く同じ光学系にAPDフィルターが入ったレンズもあります。APDの有無で値段が2倍近く高くなります。APDフィルターがあるとボケがとても滑らかになり、それこそポートレートには最適だと思いますが、フィルターの分だけ実効の明るさは減少します。少なくとも私にとっては、綺麗なボケのために2倍の値段を払うよりも、本来のF1.2の明るさの方が必要だろうと考えました。APDがないとボケが汚いというわけではないですしね。

使ってみた感想としては、やはりF1.2の明るさはいいです。暗めの室内での撮影に使ってみましたが、シャッタースピードを稼ぐことができるので助かりました。手振れ補正はありませんが、明るさのおかげでなんとかなります。ボケの具合もいい感じです。絞りを開けると被写界深度も浅くなり狙ったところにピントがこないことも多くなることには気をつけないといけません。

用途としてはスナップをメインに考えてはいますが、今の撮影環境では家族を撮る機会の方が多いので、ポートレートっぽく綺麗な写真を撮ってあげれればいいなと思っています。

コメントを残す