マンフロットのカメラバックパック

カメラバッグ選びって難しいですよね。昔から苦労していて、結構カメラバッグ沼にはまって何種類も持っていたりします。持ち出す機材の種類や量が変わるたびに買い増しすることになるためです。

手持ちのバッグのほとんどはショルダーバッグで、大小いろいろ持っていますが、どれも一長一短あります。小さいバッグはカメラ以外の荷物があまり収納できず、また大きいバッグは機材をたくさん入れると重すぎてしんどい。まあサイズだけの問題なら荷物の量を調整すればいいだけなのですが、肩と腰への負担を減らしたくて、バックパックタイプのカメラバッグでちょうどいい大きさの物を探していました。そうして見つけたのがマンフロットのストリートバックパック。

機材はカメラ+レンズ2本ぐらい入るので十分ですし、カメラ以外の荷物も上部に結構入れることができます。左右のポケットは三脚用にもドリンク用にもそれ以外にも使えて便利です。全体に大きすぎず、デザインも良いです。これらの理由から、撮影目的以外に普段からどんどん使っていけます。

欠点を挙げるなら、防水でないこと、 ウェストベルトが無いこと、 チェストベルトが締めにくいこと、肩ベルトの長さの調整がしにくいこと、そしてカメラ収納部が外側から開けられるので盗難に注意しないといけないことでしょうか。・・・結構ありますね・・・でも慣れの問題だったり使い方や工夫でなんとかなることなので、それよりもサイズとデザインのメリットが大きく、満足のいく買い物でした。

今度はバッグを収納する場所が足りなくなってきたので、古くて使ってないバッグは処分していかないといけませんね。