「Gadget」カテゴリーアーカイブ

プリンター買換え in シンガポール

シンガポールに来てからもずっとCanonのプリンター複合機を使っています。日本のモデルとブランド名と型番、プラグの形状が違うだけであとは同じ仕様です。マニュアルに日本語はありませんが、本体メニューは日本語での表示も可能です。日本ではPIXUSなのがこちらではPIXMA。ここ数年のモデルですと、型番が日本だと下2桁が30なのがこちらでは70になっています。

こちらに来てすぐの2013年に買ったのがPIXMA MG5470(PIXUS MG5430と同等)です。6年ほど使ってきましたが、ついに故障してしまいました。電源は入るのですがB200というエラーコードがでて何の操作も出来ず、トラブルシューティングを見ても修理に出せとしか書いてません。ネットで調べてみると結構有名な(?)現象らしいのですが、紹介されている対処法を試してみるも全く直らないので諦めました。古い機種ですし修理にお金を使うくらいなら最新の機種に買い換えることにしました。

新たに購入したのはPIXMA TS8270(PIXUS TS8230)。他社も含めて検討しましたが、使い慣れていることもありやっぱりCanon。印刷性能のスペック的には前の機種とそんなに変わらないのですが、体感的には印刷速度が速くなったように感じます。プリンター部分よりもWiFi通信の部分が改善されたからかもしれません。全体にコンパクトになったのも良いです。完全にタッチパネル操作になりましたが、全体的な使い勝手はさほど変わらない印象です。

概ね満足していますが、イマイチな点もあります。せっかく四角くコンパクトに収まったデザインなのに、給紙トレイにA4の紙をセットすると本体からはみ出してしまい美しくないです。また、排紙トレイと操作パネルは印刷時に閉じていると自動で開いてくれますが、印刷後に自動で収納してはくれません。出っ放し・開きっぱなしです。印刷後の書類が排紙トレイに残っている可能性を考えて自動では収納しないような設計になっているようなのですが、パネルとトレイを収納してくれるボタンとかあればいいのにと思います。

Fit Boxing

ここ数年で体重が増えてきています。自己最高記録に迫る勢い。なんとかしないといけません。しかし走るのは嫌いだし、ジムも長続きしそうにありません。また、炭水化物抜きなどの極端な食事制限はしたくありません(もちろん節制はしますけど)。やはり自分に合ったやり方・長続きするやり方でないと効果は無いと思っています。

そこで、評判のNintendo Switch用ソフト、Fit Boxingを試してみることにしました。大好きなゲームで毎日ノルマをこなしていく形なら長続きするだろうと考えました。

日常生活で腕の筋肉を使うことがほとんど無いので、初日からすぐに筋肉痛になりました。最初はおすすめの35分のメニューをやったのですが、腕が上がらなくて顔を洗うのもつらい状態になってしまったので、次の日から15分の短いメニューに変更。まずは少しずつ体を慣らしていこうと。腕の筋肉痛は数日で治りましたが、膝の屈伸を使う動きが入ってくると今度は腿が筋肉痛になり、さらに腰をひねる動作が入って腰痛も・・・。まさに日頃の運動不足のツケが出ました。

ソフトに関しては不満な点がいくつかあり、特にコントローラーの反応が悪いのは気になります。パンチを出しても反応せずにMissになってしまうことも多く、かと思えばリズムを取っているだけでパンチを出していないのに反応してしまうこともあります。私が想定されている動きをしていないという可能性もありますが。そのためスコアはあまり高くありません。でもリズムゲームとしてスコアを競うより、きちんと体を動かすことの方が私には重要なので、あまり気にし過ぎないようにしています。

現時点で始めてから約1ヶ月続いています。どこにも出かけず(着替えず)家でさっとできるのが長続きの要因でしょう。平日は夜しかできないので、15分ぐらいのメニューが結果的にちょうどいい感じです。正直、まだ体重に顕著な減少は見られませんが、コツコツ気長に続けてみようと思います。

New iPad Pro

昨年秋に発売されたiPad Pro、自分へのクリスマスプレゼントとして、昨年末に買いました。12.9インチ・WiFiモデル・64GB・Space Grayです。これまで使っていたiPad Proもまだ買ってから1年半ほどしか経っていませんでしたが、新型の魅力に負けてしまいました。新しくなったApple PencilとSmart Folioも同時購入。

画面サイズそのままで本体が小さくなった12.9インチか、本体サイズそのままで画面が大きくなった11インチか。私は前者を選びました。すでに12.9インチに慣れてしまっているので、画面を小さくしたくなかったので。容量はこれまでと同じ64GBで据え置き。これまでこの容量で足りなくて困ったことはありません。1TBモデルだけRAMの搭載量が多いそうですが、わずかのパフォーマンスアップのために倍近い金額は出せないです。

約1ヶ月毎日使っていますが、とても良いです。

まずアクセサリについてですが、マグネットで本体にくっついて充電できるようになったApple Pencilは予想通り便利です。これまでは使おうと思った時に電池がないということが多かったですが、これからは常にiPadに付けておけば電池切れの心配もほぼないですし、すぐそこにあるので使用頻度も増えると思います。

旧型でSmart Keyboardを使っていたので今回もSmart Keyboard Folioを買おうと思っていたのですが、こちらのApple Storeでは在庫切れで入荷までに1ヶ月以上かかるようだったので諦めてSmart Folioにしました。そもそも家の中でしか使わないので、長い文章を打つような作業はMacのほうでやってしまっていましたから、そんなに困ることもありません。Smart Folioは背面もカバーしてくれるので別途ケースを付ける必要もなく、結果的にかなりの軽量化となりました。おかげでゲームにもiPadを使うようになりました(これまでは手持ちでゲームをするには重すぎた)。

本体については、多少小さく軽くなったこととパフォーマンスの向上はもちろんありがたいです。それに加えて、音も良くなったように思います。毎日ゲームや動画試聴に使っていますが、画面の大きさと音の良さで、かなり快適です。

反対に、ホームボタンがなくなってFace IDになったのには未だ不便さを感じます。アンロックの際に必ずスワイプの動作が必要になりますし、Smart Folioを開いた状態からだと電源ボタンとスワイプの位置が離れているため手の移動距離が大きいです。そもそも部屋が暗いと顔を認識してくれず、パスコードの入力が必要になります。旧型だとホームボタンを押す動作だけで指紋認証も完了してすぐにアンロックできましたし、顔がよそ見していようが暗い部屋だろうが問題ありませんでしたので、ちょっと手間が増えました。ロックがかかるまでの時間を今までより少し長めにしておいたほうがいいかもしれません。

端子の形状がLighteningからUSB-Cに変わったのは、長期的には正しい方向なのでしょうが、短期的には面倒ですね。付属のケーブルは両端がUSB-Cのため、USB-C端子を持たないMac/PCのユーザーはそのままではコンピューターに接続することができません。Appleからは別売りケーブルも変換アダプタも用意されておらず、USB-A端子と接続するには市販のケーブルを買うしかありません。iPhoneとのACアダプタ&ケーブルの共有ももちろん出来なくなりました。もはやMacやPCとつないでバックアップ・同期をするといった使い方はAppleは想定しておらず、iCloudを利用しろということなのでしょうか。それとも新しいコンピューターに買い換えろと?

まあ、少々の不便さありますが、それを補って余りある快適さを得ることができたので、新しいiPad Proには総じて満足しています。ちなみに旧型iPad Proは妻のところに行き、電子楽譜として使われています。

Charging Cradle

先日の記事で書き忘れたことを1つ。Bose SoundLink Revolve/Revolve+を購入される場合は、ぜひCharging Cradleも購入されることをお勧めします。

最初は本体しか買ってなくて、持ち運ぶたびにmicro-USBケーブルを抜き差ししておりました。ところが、使い始めてわずか1週間ほどでmicro-USBの部分が大きく折れ曲がってしまっていました。付属のケーブルが脆いことに加えて妻の抜き差しが雑だったことが原因です。ケーブルを交換したところでまた同じことが起きる可能性が高いので、Cradleの購入に踏み切りました。

不慮の事態による購入ではありましたが、結果的には買ってよかったです。ケーブルの抜き差しをせずに持ち上げるだけで移動できるのはとっても楽です。本体にハンドルのついているRevolve+ですからより気軽にひょいっと持ち運べます。これにより利便性が大きく上がりました。

不満点をあげるならば、スピーカーを置く向きが固定されていること。せっかくの360度スピーカーなので、どの向きでも置けると良かったですね。あとCradleにはケーブルとACアダプタは付属していないので本体に付属のものを使うことになります。なので、結局汎用のケーブルに交換する必要はありました。せっかくのBoseロゴ入りのケーブルだったのですが、壊れてしまい残念です。・・・やっぱりRevolve+もう1台あってもいいかも。

Bose SoundLink Revolve+

これまでSonyのSRS-X55というBluetoothスピーカーを使っていました。充電してどこにでも持ち運べるので、寝室でiPhoneやiPadとBluetoothで接続して音楽を鳴らしたり、リビングではピアノのサイレントユニットとケーブルでつないで電子ピアノ的に使ったりと、とても重宝しておりました。が、突然電源が入らなくなってしまいました。実は数年ほど前にも同様な症状が発生したことがあり、その時は数週間後になぜかまた使えるようになったのですが、2度目となる今回はもう諦めて買い換えることにしました。

X55はすでに生産終了になっているのですが、その後継機種は出ていません。XBシリーズなど現行の別のラインの製品を試聴してみましたが、クラシック音楽メインの我が家には音質が全く合いません。X55の上位機種だったX99とZR7は今でも現役で販売されていますが、ポータブルではないし値段も予算オーバー(音質は申し分ないのですが)。Sonyのスピーカーはどれも候補外とせざるを得ません。

Sonyがだめなら、やっぱりBoseだよね、ということで。Soundlink Revolve。評判も良いようですし、店頭での試聴結果も他の機種と比べると悪くなかったので、とりあえず購入してみました。音量や取り扱いのしやすさも考えて、大きくてハンドルの付いているプラスの方にしました。有線接続もできるし持ち運べるので、以前のX55と全く同じように使えます。

しかしながら。私は結構気に入っているのですが、妻の方は不満なようで、X55の方が良かったと言っています。確かに、X55と比べると低音の音量は物足りない気がします(逆に中音部はRevolveの方がクリアな気はしますけどね)。そして最大のネックは、モノラルなこと。このため、オーケストラなどを聴くときに圧倒的に立体感が不足しています。2台用意してリンクさせるとステレオで聴くことが出来ますが、同じものをもう1台買うのも馬鹿らしいですよね。

そんなわけで、ピアノと接続して使う時と私がリビングで使いたいときはSoundlink Revolve+、妻が自分の部屋で聴くときはSonyのSRS-X5CDを使うという形になっています。X5CDは据え置きタイプで音質もX55に劣るので妻は不満を抱えたままですけれども。私にはヘッドホンのMDR-1000Xもあり、これが音質的にも良くてどんなジャンルの音楽にも合うので、今の手持ちの製品で問題はないのですが、妻を満足させるには引き続き最適なスピーカーを探さないといけません。どのメーカーさんもクラシックを聞く人はスピーカーを持ち運ばないと考えているのですかね。

EDIFICE Bluetooth

Apple Watchが壊れたことにより、新たな腕時計探しが始まりました。求める条件は、世界中どこでも時刻合わせが不要で、電池交換が要らず、デザインも良いもの。そして、その答えは案外早く見つかりました。

最適解は、ソーラー発電の、スマホとBluetoothでリンクして時刻合わせをしてくれるモデルでした。これなら、電波時計と違って東南アジアでも時刻を合わせてくれますし、GPSほどは電池を消費しないので日常の生活で満充電になるはず。時計の文字盤はデジタルではなくアナログが好みなのですが、そのようなものを探すとシチズンとカシオから発売されていました。

シチズンのものはスマホへの着信も通知してくれますし発電量(現在&履歴)も分かって非常に良さそうに思います。問題は、このモデルがシンガポールでは販売されていないこと。購入には次の一時帰国まで待つ必要があります(バンドの長さ調整が必要なので実店舗で買いたい)。

一方カシオのモデルだとスマホに接続して時刻を修正するのは1日4回。通知を受け取ることは出来ませんが、電池の消費も抑えられますし、実用上はこれでも十分だと思います。そして、日本と同じモデルがこちらシンガポールでも販売されていますので、今すぐに購入することができます。というわけで、選んだのがこちらになります。

Edifice接写
Edifice接写

EDIFICE EQB-900DB-2Aです。材質がステンレススチール&ミネラルガラスなのが残念ですが、チタン合金&サファイアガラスだとより丈夫で軽くなる代わりに値段もかなり高くなりますから、そこは妥協しました。尖ったものにぶつけたりしないよう気をつけていれば大丈夫かなと思います。重さはAstronと同じくらいありますけど、それには慣れてますから。大きさと厚さはAstronよりも小さくなります。EQB-900はシリーズでは最小だそうです。G-SHOCKにもBluetoothモデルがありますが、それはちょっと大きすぎるので候補外でした。EDIFICEの方がビジネスでも合わせやすいですし(普段は会社でもカジュアルな服装ですけど)。

フェイスのデザインも結構気に入っています。鮮やかな青がとてもいい感じで、さらに秒針の赤がいいアクセントになっています。機能と見た目の割には価格もお手頃です。時計の「格」としてはAstronやシチズンのものの方が上ですが、そんなことは気にならないくらいカッコいいと思って使っています。

ついでに、壊れたApple Watchの写真もあげておきます。

壊れたApple Watch
壊れたApple Watch

Apple Watchが壊れた

仕事中にふと左手首のApple Watchに目をやると、なんだかいつもと違う感じ。なんと、液晶部分が浮いて中の基盤が見えているではありませんか。この状態でもきちんと機能はしているのですが、隙間から水が入ってしまう可能性を考えると、このまま使い続けるわけにも行きません。購入から丸2年でお亡くなりです。

おそらくバッテリーが膨張して液晶を持ち上げてしまっています。以前、iPhone 5でも同様なことが起きた(しかも妻のと合わせて2台も)ので、容易に想像できました。調べてみると、この初代Apple Watchでは同様なことが起きている人も結構いるようですね。防水になった2代目以降では起きにくいのかもしれませんね。

修理に出すか、現行のモデルに買い替えるか。考えた結果、どちらも選択せず、別の腕時計を使うことにしました。腕時計がApple Watchである必要性もなくなってきたので。実際のところ、最近はApple Watchの使用率は半分ぐらい。Apple Watch以前に使っていたAstronも使っています。したがって、活動量計としては機能していません。出張や旅行の際も、余分に専用ケーブルを持っていくのが煩わしくてApple WatchではなくAstronを選択してしまっています。外出時のiPhoneの収納場所もカバンの中ではなくポケットに戻ってきたので、着信に気づかないこともないですし(というかそもそも着信が少ない)。

そう考えると、Apple Watch購入時の記事で述べた、Apple Watchに期待するものAstronと比べて優位な点が今ではほとんど実用になってないことになります。むしろデザイン的にはAstronの方が遥かに優っていますし。腕時計本来の機能でも、手首を動かして時計を顔に向けて動かさないと時間を確認できないのはちょっとしたストレスでした。

とはいえ、Astronの不便な点は依然として存在するわけで、それらを解決してくれる別の時計が果たして存在するのか。ちょっと探してみることにします。

(2018-05-20追記) 壊れたApple Watchの写真を、新しく買った時計の記事にあげています。

MHW始めました

モンスターハンター:ワールドは日本のみならず世界中で大人気のようですね。私もどうしてもプレイしたなって買ってしまいました。ゼルダの伝説はまだラスボスをクリアしてませんし、マリオオデッセイも手をつけてませんけど、それよりも先に新しいモンハンをどうしてもプレイしたくなって、買ってしまいました。

今作ではプラットフォームが3DSからPS4になりました。グラフィックが綺麗になり、処理速度も大幅に改善されたと思います。マップ途中でのローディングが無いので、モンスターがエリアチェンジしてもローディングがなくテンポ良く狩ることができます。クエストの出発・帰還時には少々ロード時間がかかりますが、狩りや移動の途中ではないので許容範囲です。3DSのようにスクリーンをタッチする必要が無く、すべての操作がコントローラーで手元を見ることなくできるので、格段にプレイしやすくなったと思います。

システムにもいろいろ変更があり、いい意味で簡略化されました。痕跡を集めて研究レベルが上がっていれば、モンスターの位置はいつでもマップ上で確認できます。薬草などのアイテムの位置も表示され、そこまでの道を案内してもらうこともできます。鉱石の採取にピッケルは必要ありませんし、砥石も採取することなく無制限に使用できます。

捕獲クエストはタイミングを見誤って逃げられたり狩猟してしまったりすることが多かったものですが、今作ではモンスターの状態が見極めやすく(マップ上のモンスターアイコンにドクロマークが付く)、支給された罠と麻酔玉だけでもしっかりと捕獲することができました。

本来アクションゲームはあまり得意でないので、地道に武器や防具を強化して準備を整えてから臨むスタイルです。そのため進みが遅く、プレイし始めて1ヶ月でやっと上位クエストに挑むことが出来るようになりました。以前は大剣ばっかり使っていましたが、今はハンマーをメインに使っています。武器を試しつつ、自分のペースでぼちぼちと進めていこうと思います。過去のモンハンはどれも途中で挫折してしまいましたが、今回は結構長続きしそうな気がしています。

ゼルダ始めました

「ゼルダの伝説Breath of the Wild」をようやくプレイし始めました。9月にNintendo Switchを買った理由の1つが、これをやりたかったからです。

購入後すぐにでも始めたかったのですが、その頃はまだドラクエ11をやっていましたから、まずはそちらを優先しました。スキルを全部習得し、レベルも最大に上げ、裏ボスを倒しました。装備はコンプリートしてませんが、ドラクエ11はもうこれで十分でしょう。

ゼルダはまだ始めたばかりで、やっとパラセールを手に入れてどこへでも行けるようになったところです。子供の方が先に始めていたのですが、すでに抜いてしまいました。どうやら2つ目の祠の近くにいるガーディアンに勝てないと行き詰っていたようで、まだまだ素直すぎです。(当然、倒さずに先へ進むことができます。)

序盤ではありますが、このゲームの素晴らしさはとてもよく分かりました。RPGとしてストーリーの大枠はありますが、それ以外はマイクラと似ていて、自分の好きなことをやっていいんですよね。いやあ、楽しい。アクションは得意でないので敵を倒すのには苦労していますが、今は姑息にリモコンバクダンで遠くからチクチクやっつけています。

困っているのは、武器が壊れやすいことと、武器ポーチの容量が足りないこと。まだ弱い武器しかないからかもしれませんが、ちょっと戦闘しただけですぐに壊れてしまいます。だから予備を持っておきたいのですが、ポーチの容量が小さいため十分な数の武器を拾うことができません。まずはストーリーを先へ進めつつ、コログの実をたくさん集めてポーチの容量を増やしたいですね。

クリアするまでにはかなり時間がかかりそうですが、じっくりとやっていこうと思います。実はマリオオデッセイも買っているんですが、これをプレイするのはまだまだ先になりそうです。

そしてどちらのiPhoneを選んだのか

今日はiPhone Xの発売日でしたね。9月の発表の後に、iPhone XとiPhone 8 Plusのどちらに買い換えるか悩んでいるということを書きましたが、結局私が選んだのは・・・。

iPhone 8 Plusでした。

まずは単純に、2年契約が終了する10月中に再契約をしないといけなかったので、11月のiPhone Xを待つことができなかったというのが1番の理由です。買換え組の多くがiPhone Xを選んでいるためか、iPhone 8はキャリアのほうでも在庫が潤沢にありました。

負け惜しみじゃないですけど、やっぱり今の私にはまだホームボタンはあったほうが良いんじゃないかと思いました。カメラも含め性能的には今のiPhone 6s Plusよりは向上しているから問題ないですしね。iPhone Xを購入した人たちのレビューや実機を見てホームボタンなしでの使い方やFace IDの使い方を勉強し、より進化した次期モデルを狙おうかなと考えています。

機種変更はしたものの、まだiPhone 8 Plusは使い始めていません。フィルムとケースの用意ができたらデータを移行して使い始めようと思います。