「Sony α6000」タグアーカイブ

昨年手放したカメラたち

昨年の秋に出張で日本に行ってきたのですが、使わなくなったカメラとレンズをその際に売却してきました。

以前も少し述べたのですが、シンガポールでは店での買取価格が安く、また個人間の売買もトラブルが多いため、機材の売却は日本の信頼できる店でと思っています。しかしこちらで購入した機器は電源プラグの形状が違いますし、言語設定で日本語が選べないもの(ソニー機)もありますので、日本では買い取ってもらえないものと思い諦めていました。でも、調べてみたら海外モデルでも買い取ってくれる店もあるとのこと。日本国内モデルに比べると買取価格が下がってしまいますが、何店か調べた中で最も減額が少ないと思われるところで売ることにしました。

今回売却したのは以下のカメラとレンズです。思い出の写真とともに振り返ってみたいと思います。

Sony α6000 + SEL1670Z + SEL24F18Z

今でも全然現役で使えるカメラですが、使わないまま置いておくのはもったいないので、他の人に使ってもらうことにしました。APS-Cセンサーのサブ機は今はX100Fに取って代わられましたので。この2本のレンズもともに素晴らしく、下手なフルサイズ用のレンズよりよっぼどよく写ります。

特に思い出深いのはやっぱりイタリア旅行です。このカメラと2本のレンズの組み合わせで色々な思い出を写真に残すことができました。他にも、動物園・植物園・水族館と様々な場所で使いました。

ヴェネツィアの大運河
ヴェネツィアの大運河
夜のドゥオーモ
夜のドゥオーモ
Don't Bite Your Nails
Don’t Bite Your Nails
Flower Ring
Flower Ring


Sony NEX-6ダブルズームキット(SELP1650 + SEL55210)

シンガポールに来てから最初に買ったカメラ、最初のEマウント機でした。α6000を買って以来使ってなかったのに前述の理由でずっと手元で眠っていましたが、ついに売却できました。

カメラ自体の質感はα6000よりもよかったのですが、全ての写真がちょっとアンダー気味になるのが不満でした。また標準パワーズームもコンパクトなのは素晴らしいものの写りに満足できず、1年でα6000を買うことになりました。望遠ズームの方は悪くなくて、α6000でも使っていました。ちなみに、NEX-6で使っていた他のレンズ(SEL35F18とSEL50F18)も2016年にすでに売却していましたので、これでAPS-CのEマウントレンズは全て手元からなくなりました。

Fighting Dinosaurs
Fighting Dinosaurs
Flamingo Lake
Flamingo Lake


Olympus STYLUS 1

フルサイズ換算で28-300mm、しかもF2.8通しという使い勝手の良いコンパクトカメラでした。ただし、センサーサイズが1/1.7と小さいので、F2.8といってもあまりボケませんし、特に暗所ではAFも遅くノイズも多かったです。コンデジでも1インチ以上のセンサーが主流になった昨今ではさすがに厳しいです。

Trailing with Monkey
Trailing with Monkey
MacRitchie Reservoir
MacRitchie Reservoir


防湿庫と物置がちょっとだけスッキリしました。今回手放した機材の中でも特にα6000とレンズたち(SELP1650を除く)は本当に良い写真を残してくれました。それ以外はもっと使い込んであげれば良かったなぁと反省しています。購入額と売却額の差額分以上の価値が得られるよう、手持ちの機材を使いこなすように努力したいと思います。

EXPOCITY – NIFREL (1)

ちょっと間が空いてしまいましたが、この夏の大阪の写真の続きです。

EXPOCITY内にある、海遊館が運営する”ミュージアム”、NIFRELです。「水族館」「動物園」としてはかなり小さくこじんまりとしていますが、まさに動物たち「に触れる」ことができる近さで見ることができて、なかなか楽しかったです。

ドリー
ドリー
ニモ
ニモ

映画の主役にもなったドリーとニモ。残念ながらちょっとブレちゃいました。

手足
手足

カブトガニを裏側から見たり、

お掃除中
お掃除中

魚さんたちに肌をきれいにしてもらったり、

歯磨きしようよ・・・
歯磨きしようよ・・・

変な顔の人に微笑んでもらっちゃったり。

EXPOCITY – 吹田スタジアム

ガンバ大阪の新ホームスタジアムです。

試合開始前の吹田スタジアム
試合開始前の吹田スタジアム

最上段の席で観戦したのですが、それでもピッチがとても近く感じられて非常に見やすかったです。さすがサッカー専用スタジアム。前列の方の席だったらもっと臨場感があったでしょうが、上の席はピッチ全体を俯瞰できるので良かったです。客席には屋根もあるので雨の日でも大丈夫。逆に夏の晴天の日は風が入りにくくて暑いのが難点。

吹田スタジアムを見下ろす
吹田スタジアムを見下ろす

OSAKA WHEELから見下ろしたスタジアムの外観です。

2年前にはイタリアのミラノ・サンシーロでサッカー観戦をしましたが、それに勝るとも劣らない、良いスタジアムでした。

EXPOCITY – GUNDAM Cafe

GUNDAM SQUAREの中はショップとカフェになっています。

ガンプラたち
ガンプラたち

ガンプラがいっぱいあって欲しくなりますが、ここは我慢・・・。ちなみに私はグフが大好き。

ファン心をそそるメニュー
ファン心をそそるメニュー

カフェのメニューです。こちらも食べてみたくなりますが、お昼は別の約束があったために断念。

シャアザク・ラテ
シャアザク・ラテ

その代わりに後でお茶をいただきに来ました。シャアザクのラテアート。

百式ビアジョッキ 生ビール付
百式ビアジョッキ 生ビール付

ちなみに後日、夜に映画を観に来た際にまた寄って生ビールを1杯いただき、百式ビアジョッキをゲットしました。満足満足。

EXPOCITY – GUNDAM SQUARE

ポケモンEXPOジムの前らへんにGUNDAM SQUAREがあります。店の前には巨大なガンダムとシャア専用ザクの像があるので、とても目立ちます。

シャア vs アムロ
シャア vs アムロ

寄って撮影してみました。

すごい・・・親父が熱中するわけだ
すごい・・・親父が熱中するわけだ
見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを・・・
見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを・・・

足元には放映開始40周年へのカウントダウンがあります。私たちの世代のガンダムファンには非常にそそるスポットです。

EXPOCITY – OSAKA WHEEL

シンガポールに来る前は大阪に住んでおり、吹田の万博公園にはよく訪れておりました。その万博公園に以前あったエキスポランドの跡地に今年エキスポシティがオープン。この夏の一時帰国では何回か訪れて楽しみました。もっと早く、数年前にオープンしてくれてたら良かったのに。

施設自体は昨秋から営業していましたが、今年7月から新たにオープンしたのが日本一の高さを誇る観覧車、OSAKA WHEELです。私たちは正式開業前のプレオープンの際に乗ってきました。

OSAKA WHEELとピカさん
OSAKA WHEELとピカさん

観覧車手前のピカチュウがあるところがポケモンEXPOジム。この後子供と一緒に行って遊んできました。

ピカさんを見下ろす
ピカさんを見下ろす

先ほどのピカチュウさんも観覧車からだと真下に見えます。

太陽さんを見下ろす
太陽さんを見下ろす

太陽の塔も今まで何度となく見てきましたが、上から見下ろすのは初めての経験です。

大阪市方面の見晴らし
大阪市方面の見晴らし

梅雨でしたのであいにくの曇り空でしたが、それでも遠くまで見渡せて楽しかったです。大阪市内のビル群もよく見えます。上の写真の中央右手にある特徴的な形の建物がスカイビルです。

足元はシースルーになっていますがさほど怖くはありません。日本一の高さと言いますが、さすがにアジア最大のシンガポールフライヤーに比べると低く感じます。フライヤーは都心にあるので景色も抜群ですしね。特に夜景は。ちなみに後日、夜のOSAKA WHEELにも乗りたいと思って行ってみたのですが、1時間以上の行列だったため断念しました。今はもう落ち着いてきてるのかな?

イスタナ再訪

5月のことですが、シンガポールの大統領官邸、イスタナに約2年ぶりに行ってきました。(2年前の写真へのリンクはこちら => Istana, Flowers Decorating the Park

同じことをまた書きますけれども、シンガポールには大統領と首相がいます。実際に政治を行うのは首相で、国会で選ばれて大統領に任命されます。日本と同じですね。大統領は国民の直接選挙で選ばれ、政治的な権限はなく、国の代表として国賓を迎えたり儀式に参加したりします。

大統領官邸であるイスタナは年に数回一般公開され、国民は無料で、それ以外の住民は数ドル払って入場できます。官邸内は撮影禁止です。園内ではシンガポール交響楽団による野外コンサートもありました。大統領も聴きにいらっしゃいました。

イスタナ
イスタナ

なにぶん四季のない国なので、いつ訪れようと同じ景色なのです。それでも、前回は曇り空だったのが今回は晴れていましたし、カメラ・レンズも変わりました。構図もちょっと工夫して、以前とは違う仕上がりの写真になったと思います。

ハイビスカス
ハイビスカス

S.E.A. Aquarium (3)

水族館写真の締めは深海の生き物で。

軟体
軟体

怪しい動きのタコ。隣の人のカメラのAF補助光が写ってしまったので本当は失敗写真なのですが、怪しい雰囲気が増して逆に面白いかも、と思い採用しました。

壺の中から
壺の中から

「なんか用か?邪魔すんなら帰って」気難しいオジさんが顔を出してきたみたいです。

S.E.A. Aquarium (2)

水族館で好きなものの一つが、クラゲです。

青い海月
青い海月
紫色に浮かぶ
紫色に浮かぶ

3年前、京都水族館のクラゲをOM-D E-M5で撮影した時には青が飽和してしまっており、Lightroomで仕上げてやる必要がありました。今回はα6000のJPEG撮って出しですが、色飽和は全く見られません。目で見たままの色が再現できており、この点でソニー機は非常に優秀だと思います。

S.E.A. Aquarium (1)

セントーサ島にある水族館、S.E.A. Aquariumに行ってきた時の写真です。

はろー
はろー
仲良く泳ぐ
仲良く泳ぐ

水槽も大きく、楽しかったです。が、正直なところ、日本で行った京都水族館や美ら海水族館の方が面白かったかな。セントーサには遊べる施設がたくさんありますから、水族館だけを目的に行くというより、他のアトラクションと組み合わせていくのがよいと思います。