「Sony NEX-6」タグアーカイブ

昨年手放したカメラたち

昨年の秋に出張で日本に行ってきたのですが、使わなくなったカメラとレンズをその際に売却してきました。

以前も少し述べたのですが、シンガポールでは店での買取価格が安く、また個人間の売買もトラブルが多いため、機材の売却は日本の信頼できる店でと思っています。しかしこちらで購入した機器は電源プラグの形状が違いますし、言語設定で日本語が選べないもの(ソニー機)もありますので、日本では買い取ってもらえないものと思い諦めていました。でも、調べてみたら海外モデルでも買い取ってくれる店もあるとのこと。日本国内モデルに比べると買取価格が下がってしまいますが、何店か調べた中で最も減額が少ないと思われるところで売ることにしました。

今回売却したのは以下のカメラとレンズです。思い出の写真とともに振り返ってみたいと思います。

Sony α6000 + SEL1670Z + SEL24F18Z

今でも全然現役で使えるカメラですが、使わないまま置いておくのはもったいないので、他の人に使ってもらうことにしました。APS-Cセンサーのサブ機は今はX100Fに取って代わられましたので。この2本のレンズもともに素晴らしく、下手なフルサイズ用のレンズよりよっぼどよく写ります。

特に思い出深いのはやっぱりイタリア旅行です。このカメラと2本のレンズの組み合わせで色々な思い出を写真に残すことができました。他にも、動物園・植物園・水族館と様々な場所で使いました。

ヴェネツィアの大運河
ヴェネツィアの大運河
夜のドゥオーモ
夜のドゥオーモ
Don't Bite Your Nails
Don’t Bite Your Nails
Flower Ring
Flower Ring


Sony NEX-6ダブルズームキット(SELP1650 + SEL55210)

シンガポールに来てから最初に買ったカメラ、最初のEマウント機でした。α6000を買って以来使ってなかったのに前述の理由でずっと手元で眠っていましたが、ついに売却できました。

カメラ自体の質感はα6000よりもよかったのですが、全ての写真がちょっとアンダー気味になるのが不満でした。また標準パワーズームもコンパクトなのは素晴らしいものの写りに満足できず、1年でα6000を買うことになりました。望遠ズームの方は悪くなくて、α6000でも使っていました。ちなみに、NEX-6で使っていた他のレンズ(SEL35F18とSEL50F18)も2016年にすでに売却していましたので、これでAPS-CのEマウントレンズは全て手元からなくなりました。

Fighting Dinosaurs
Fighting Dinosaurs
Flamingo Lake
Flamingo Lake


Olympus STYLUS 1

フルサイズ換算で28-300mm、しかもF2.8通しという使い勝手の良いコンパクトカメラでした。ただし、センサーサイズが1/1.7と小さいので、F2.8といってもあまりボケませんし、特に暗所ではAFも遅くノイズも多かったです。コンデジでも1インチ以上のセンサーが主流になった昨今ではさすがに厳しいです。

Trailing with Monkey
Trailing with Monkey
MacRitchie Reservoir
MacRitchie Reservoir


防湿庫と物置がちょっとだけスッキリしました。今回手放した機材の中でも特にα6000とレンズたち(SELP1650を除く)は本当に良い写真を残してくれました。それ以外はもっと使い込んであげれば良かったなぁと反省しています。購入額と売却額の差額分以上の価値が得られるよう、手持ちの機材を使いこなすように努力したいと思います。

α6000とNEX-6

蔵出し写真はまだまだありますが、ちょっと一休みして使用機材について。今年の夏にα7IIを購入して今はこれがメインカメラになっているのですが、まずはそれまでのメインであったα6000について書きたいと思うのですが、そうなるとさらにその前に使用していたNEX-6についても触れなくてはなりません。2013年以降ブログで機材のことはほんのちょっとしか書いてなかったので。

NEX-6について

NEX-6の購入経緯はちょっとだけ書いていますが(My Photo Life in 2013)、画質に妥協することなくOM-D E-M5よりコンパクトな機材にしてもっと持ち歩くようにしたかったということです。E-M5の標準ズーム12-50mmは長さがありましたから。もしパンケーキズームの14-42mmがすでに発売されていれば、NEX-6のSELP1650よりもそちらを選んだのでしょうが、当時はまだ発売前でした。

NEX-6にはほぼ満足していたのですが、いくつかどうしても我慢できない点がありました。特に大きいのはメニューの使いにくさです。どこに何の設定項目があるのか分かりにくいだけでなく、リストの後方にある項目にたどり着くのにずっと下までスクロールする必要があります。全体的に露出アンダーの傾向があり常に1段以上補正する必要がありましたし、標準ズームのSELP1650の画質もボディの性能を活かしきってない感じで次第に物足りなくなりました。購入の大きな理由の一つであったコンパクトなレンズが不満の原因になったのはなんともアレですが。

α6000について

そんなわけで昨年夏にα6000とSEL1670Zに買い換えることになりました(α6000 & SEL1670Z)。これにより、NEX-6の不満点はすべて解消されました。メニューは非常に使いやすくなりましたし、ボタンカスタマイズで頻繁に使う機能はメニューを開くことなく設定できるようになりました。露出もほぼ適正ですし、ツァイスレンズの描写は文句ありません。露出に関してはソニー機は全般に他者に比べアンダー傾向がありますが、白飛びしてしまうよりは調整しやすいのではと思います。とはいえ、NEX-6はアンダーすぎました。結局、画質を考えるとどうしてもレンズは大きくなってしまうのだと再確認。その流れが今年のα7IIにも続いているわけです。良い写真を撮るための機材と普段の持ち歩き用機材は別に考えることにしました。

NEX-6とα6000を比較してみて、操作性・撮影の快適さが非常に大切だということを実感しました。撮っていて楽しいですし、設定を少し変えて何枚か撮るということも増えました。α7IIはα6000以上にカスタマイズ可能で使いやすくなっていますので、さらに楽しく撮影できます。昔EOS 7Dで写真を楽しんでいた頃の感覚が蘇ってきました。α7IIについてはまた改めて、α6000で撮った蔵出し写真の公開が終わってから書こうと思います。またカスタマイズについてもα6000とα7IIの設定を比較しながら書きたいと思っています。

Fighting Dinosaurs

Fighting Dinosaurs
Fighting Dinosaurs

マリーナベイサンズの隣、蓮の花の形をしたアートサイエンスミュージアムで開催中の恐竜展です。大人も子供も楽しめます。ホワイトバランスを調整して「帰ってきたウルトラマン」的なイメージに仕上げてみました。(分かるかな?)


Picture from “Dinosaurs – Dawn to Extinction” held at lotus-shaped ArtScience Museum, next to Marina Bay Sands. It was good for both kids and adults. Adjusted white balance to better express my image of the scene.

Night View Over the Pool

Night View Over the Pool
Night View Over the Pool

旧正月休みにマリーナベイサンズに宿泊しました。宿泊者しか入れない、あの屋上プール。風がきつくてかなり寒かったですが、楽しみました。


Stayed at Marina Bay Sands on Chinese New Year holiday. “Infinity Pool” on the top is exclusive for hotel guests. Very cold due to strong winds, but we enjoyed it a lot.

Marina Bay by Lego

Marina Bay by Lego
Marina Bay by Lego

レゴランド内には東南アジア各国の象徴的な場所・建物をレゴで作ったものがあります。

シンガポールはマリーナベイとクラークキー。マーライオンやシンガポールフライヤーが見事に再現されています。マリーナベイサンズがないのが残念。


In LEGOLAND, symbolic places and buildings in Southeast Asian countries are made by lego.

Marina Bay and Clarke Quay are chosen for Singapore. Merlion and Singapore Flyer are well expressed. They need to make Marina Bay Sands, too!

Tired Man

Tired Man
Tired Man

1月にマレーシア・ジョホールバルにあるレゴランドに行ってきました。

入ってすぐの所にある、ベンチに座る疲れたおじさん。これ以外にも画家さんやらダイバーやら巨大タコやら、面白いオブジェがいっぱい。


Visited LEGOLAND Malaysia in Johor Bahru in January.

This tired man sitting on the bench is near the entrance. There are more objects such as painter, diver, huge octopus, and so on.  Very interesting.

Full of Meat

Full of Meat
Full of Meat

クリスマスディナーのメインディッシュ。それまでに前菜・パスタもしっかりいただいたので、さすがに全部は食べきれず。でも美味しくいただきました。


This was the main dish of our Christmas Eve dinner. We were almost full with antipasto and pasta by then, so we could not eat them all. But we enjoyed the taste of meat.