ワンランク上のキットレンズ

X-T2はレンズキットで購入しました。このキットの標準ズーム、XF18-55F2.8-4 R LM OISがなかなかに良いです。

何と言っても、広角端でF2.8、望遠端でもF4という明るさはありがたい。他社のキットレンズで同じ18-55mmだとF3.5-5.6というのが普通ですからね。描写に関しても評価が高く、キットズームのレベルではないと言われています。実際、α7II+SEL24240で撮った写真と比べると、X-T2+XF18-55mmの方が精細でより高画質に感じます。高倍率ズームとはいえフルサイズ相手ですからね、十分に使えるレンズだと思います。広角が16mmではなく18mm始まりなのが惜しいです。

望遠ズームはXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISを後日購入しました。このレンズもダブルズームレンズキットで付いてきそうなクラスのレンズではありますが、XF18-55mmと同様に、他社の同クラスのレンズと比べるとちょっと明るいです(広角端がF4、望遠端がF5.6か6.3というレンズが多いですよね)。画質の評判も悪くありません。ただしサイズと重さはちょっと大きめです。もう少しコンパクトに収まるか、もしくは望遠端がF4だったりすればさらに魅力的なのですが。

両レンズともにF2.8通しの上位レンズが存在し、そちらの方が画質も良く防塵防滴なのですが、なにぶん重さ・大きさ・価格とも桁違いに大きくなってしまいます。XF16-55mmF2.8 R LM WRは手ぶれ補正もありませんし。撮影した写真を見比べると確かに差は分かります(特にXF50-140mmF2.8 R LM OIS)。しかし、値段差を考慮すれば、XF18-55mmもXF55-200mmもかなり健闘しているんじゃないでしょうか。

画質を優先するなら単焦点レンズを使いますが、でもズームレンズは持っておきたい。今の私にはXF18-55mmとXF55-200mmが最適なレンズだと思います。

コメントを残す