パンデミック

ご無沙汰してます。前回の更新以来、世界は変わってしまいましたね。私も公私ともに色々あり、ブログの更新どころではありませんでした。

こちらシンガポールは小さな国で政府の権限も強いため、COVID-19の感染拡大は他国に比べればよく抑えられていると思います。日本も色々と批判されながらもよく頑張っていますが、日本人の生活習慣や性格(他人との身体接触が少なかったり、すぐに自粛したりする)の恩恵かなと思います。近隣の東南アジア諸国やヨーロッパの様子を見ると、お店やレストランが開いていて一応は普段通りの生活ができるのはありがたいことです。私の職場は基本在宅勤務、子供の学校もネットを利用してのリモートラーニングになっていますが、私の場合はもともと週に1日は在宅でしたので、仕事への影響はさほど大きくありません。まあずっと家にいるのも楽しくはありませんが。

私たちに最も大きな影響は、渡航制限・入国制限です。本来なら春休みを利用して日本に一時帰国する予定だったのですが、もちろんキャンセルせざるを得ませんでした。

フライトをキャンセルした時点では日本への渡航は禁止ではなく(不要不急の旅行の自粛勧告)、またシンガポールへ帰国後も熱などがなければ普通の暮らしに戻れる状況でした(症状があれば2週間の自宅待機命令)。しかし帰国までの期間に状況が変化する可能性も高く、その場合の仕事や学校への影響を考慮し、キャンセルすることを決断しました。案の定、その後規制がどんどん厳しくなり、現在では短期滞在者の入国・トランジットは全て禁止、私のような長期滞在ビザ所有者も明日から医療従事者などを除いて帰国禁止になります。もし一時帰国を強行していたら、シンガポールに帰ってくることができなくなっていました。

そんなわけで、数ヶ月のうちに渡航制限が解除されて一時帰国や海外旅行が可能になることを祈りつつ、指示に従って生活していくしかありません。