鹿児島 (2)

昨年は大河ドラマで西郷隆盛を扱っていたこともあり、鹿児島への旅行を思い立ちました。その舞台となった仙巌園は是非とも行きたかった場所の一つです。

歴史を感じさせてくれる島津家別邸はクラシッククロームの色合いがよく似合うと思います。

中庭
中庭
謁見の間
謁見の間

庭園はかなり広くて、写真を撮りながら歩いていると知らない間に時間が過ぎて&家族とはぐれていました。

土産物
土産物
庭園のせせらぎ
庭園のせせらぎ

最後の写真だけVelviaです。RAWから現像して好みの色に仕上げるのも良いですが、撮影時に感じたものをその場で表現できるのがフジのカメラの楽しさだと思います。

鹿児島 (1)

昨年一時帰国した際に、鹿児島へ旅行に行ってきました。今回はX-T2は持って行かず、X100F一本で勝負。とはいえさすがに画角が足りないので、ワイドコンバージョンレンズを購入して広角側を補充。

鹿児島と言ったら桜島。フィルムシミュレーションと場所・画角を変えて何枚か撮影しました。

桜島(Provia)
桜島(Provia)

まずはホテルから望む桜島。スタンダードに35mm相当、Proviaで。

桜島(クラシッククローム)
桜島(クラシッククローム)

続いては仙巌園に行った時に撮影した桜島。ワイドコンバージョンレンズを使って28mm相当で。クラシッククロームでしっとりと。

桜島(Velvia)
桜島(Velvia)

もう一枚仙巌園から。同じくワイコン使用ですが、今度はVelviaで鮮やかに。遠足の小学生たちが来ていました。

Velviaはちょっと色が濃すぎるかなという感じ。Proviaも悪くないですが、あえて選ぶならクラシッククロームの落ち着いた色合いが気に入っています。

植物園 (2)

せっかく植物園に来たからには、当然花の写真を撮らなくてはなりません。Xマウントのマクロレンズは持っていませんので、手持ちの2本の単焦点レンズ、XF35mmF2とXF56mmF1.2で撮り比べです。

蘭々
蘭々
愛らしく
愛らしく
西日を向いて
西日を向いて

まずはXF35mmF2で撮った3枚。どれもフィルムシミュレーションはProvia、開放F2、JPEG撮って出しです。光の具合が良かったおかげもありますが、なかなか色乗りは良いのではないでしょうか。寄れませんのでマクロレンズのようなとろけるボケは出せませんが、F2の明るさがあれば背景は程よくボケます。

競演
競演
嘴
開放
開放

続いてXF56mmF1.2での3枚です。同じくフィルミシミュレーションはProvia。1枚目は1段絞ってF2、あとの2枚は開放F1.2です。また最後のだけはちょっと暗かったのでRAW現像で露出を0.5ほど上げました。このレンズは35mm以上に寄れませんので、花の撮影をするには距離感が微妙です。開放だとピントの合う位置がとても薄いので、少し絞ったぐらいがちょうどいいと感じました。でも絞るなら35mmの方が扱いやすいかな。

どちらのレンズも、被写体の大きさや距離感によっては十分に花撮りにも使える印象です。が、やはりもう少し寄れるレンズの方が表現の幅が広く使いやすいのは確かです。XF80mmF2.8のマクロはさすがにちょっと大きすぎ&重すぎなので(Sonyで使っているフルサイズ用のSEL90M28Gの方が若干小さくボケもより綺麗)、レンズを追加するならXF90mmF2の方がいいかなと思っています。

もう一つ気になったのは手ブレですね。特に人物を撮った時に、いい感じで撮れたと思っても家でチェックしてみるとブレてピントが甘くなっている写真が多くありました。XF90mmF2だとさらに厳しいでしょうね。自分の撮影技術が未熟なのは確かですが、やはりボディ内手ぶれ補正が欲しいなぁと感じました。

植物園 (1)

ようやく重い腰を上げて、昨年からの写真の整理を済ませました。というわけで、古い写真になりますが、蔵出しをしていきたいと思います。今回からCapture One Proによる出力です。といってもほとんどJPEG撮って出しです。

まずは昨年ボタニックガーデンに撮影に行ってきたときの写真です。マリーナ地域にあるガーデンズバイザベイではなく、シンガポールのほぼ中心にある植物園で、現時点でシンガポール唯一の世界遺産に登録されている場所です。

休日
休日
話は尽きません
話は尽きません

ここでのんびりとくつろいでいる人はとても多いです。広々としていますし、南国らしい植物に囲まれてとても雰囲気の良い場所です。

覗き見
覗き見

園内ではなぜか鶏をよく見かけます。近づくと(当然)逃げるので、望遠レンズで草の間から。

見ざる聞かざる
見ざる聞かざる

なぜか言わざるはいません・・・。

あづまや
あづまや

この日は標準レンズなし、あえて望遠レンズと2本の単焦点(35mmF2と56mmF1.3)のみで回りました。やはりXF56mmF1.2はボケ方が綺麗ですね。

プリンター買換え in シンガポール

シンガポールに来てからもずっとCanonのプリンター複合機を使っています。日本のモデルとブランド名と型番、プラグの形状が違うだけであとは同じ仕様です。マニュアルに日本語はありませんが、本体メニューは日本語での表示も可能です。日本ではPIXUSなのがこちらではPIXMA。ここ数年のモデルですと、型番が日本だと下2桁が30なのがこちらでは70になっています。

こちらに来てすぐの2013年に買ったのがPIXMA MG5470(PIXUS MG5430と同等)です。6年ほど使ってきましたが、ついに故障してしまいました。電源は入るのですがB200というエラーコードがでて何の操作も出来ず、トラブルシューティングを見ても修理に出せとしか書いてません。ネットで調べてみると結構有名な(?)現象らしいのですが、紹介されている対処法を試してみるも全く直らないので諦めました。古い機種ですし修理にお金を使うくらいなら最新の機種に買い換えることにしました。

新たに購入したのはPIXMA TS8270(PIXUS TS8230)。他社も含めて検討しましたが、使い慣れていることもありやっぱりCanon。印刷性能のスペック的には前の機種とそんなに変わらないのですが、体感的には印刷速度が速くなったように感じます。プリンター部分よりもWiFi通信の部分が改善されたからかもしれません。全体にコンパクトになったのも良いです。完全にタッチパネル操作になりましたが、全体的な使い勝手はさほど変わらない印象です。

概ね満足していますが、イマイチな点もあります。せっかく四角くコンパクトに収まったデザインなのに、給紙トレイにA4の紙をセットすると本体からはみ出してしまい美しくないです。また、排紙トレイと操作パネルは印刷時に閉じていると自動で開いてくれますが、印刷後に自動で収納してはくれません。出っ放し・開きっぱなしです。印刷後の書類が排紙トレイに残っている可能性を考えて自動では収納しないような設計になっているようなのですが、パネルとトレイを収納してくれるボタンとかあればいいのにと思います。

Adobeとお別れ

2月にLightroomからCapture One Proへ移行した後も、Adobe CCのフォトプランのサブスクリプションは一応継続していましたが、今月ついに解約しました。

折しも、Adobe CCで事前告知も事後報告もなしに直近2バージョンしか使えなくなるという変更が行われ炎上しています。CS6移行の全てのバージョンを使うことができることを売りにしていましたし、スタンドアローン版が無くなってしまった今は特定のバージョンを使用するために仕方なく月額制で契約していた人もいると思います。ネットの情報通りに第三者が保有するライセンスの問題で過去のバージョンを使えなくしたのなら、なおさら事前告知が必要だったはずで、事後報告すらしないというのは意味が分かりません。私のように基本最新バージョンを使っていて大きな影響はないユーザーでも、さすがにこれはひどいと思います。以前から、Lightroomが完全クラウド化してしまうのではないか・料金の大幅な増額があるのではないか、という不安がありましたが、今回の事件で完全に信頼することができなくなりました。

写真に関しては、アマチュアならAdobe以外の選択肢でもなんとか運用できると思いますが、プロや他の分野だとそう簡単ではないのでしょうね。クリエイティブ系でAdobeはデファクトスタンダード、寡占状態になってますから。私のようなもの1人が、しかも一番安いフォトプランを解約したところでAdobeには痛くも痒くもないでしょう。その割には解約ボタンを押すと次から次へと引き留めようとしてくるのにはちょっと笑いましたが。

平成最後の日

平成も今日で終わり、明日から令和。まさか代替わりの時に海外で暮らしているとは、30年前どころか10年前にも予想していませんでした。こちらでは当然ゴールデンウィークの10連休などもなく、今日は普通に仕事してます(明日は祝日ですが)。連休を利用してシンガポールにいらっしゃる日本人のみなさんは、マーライオンが来週まで閉鎖されていることにご注意ください。

天皇の退位と即位、元号の変更、そして異例の大型連休など、日本の出来事はこちらでも新聞やニュースで取り上げられているようです。とはいえ私の情報源は日本のテレビ番組やウェブサイトなわけですが、この機会に元号や天皇制に関しての情報を見聞きしたり自分で調べたりしています。実生活に置いては元号よりも西暦を使ったほうが明らかに便利なのは確かですが、それとは別に日本の文化として元号や天皇制は維持していって欲しいと個人的には思います。このブログであまり個人の新年や政治や宗教に関わることは書きたくないのでこれ以上は触れませんが。

元号が変わったからといって何も変わらないのですが(特に海外では)、最近色々と緩んでいるので、なんとなく気分一新してがんばろうかな。

Amazonのアフィリエイトリンクが死亡

この投稿日は4/1ですが、エイプリルフールネタではありません。いたって真面目な話です。

このブログで商品などを紹介する際にはAmazonへのリンクと画像を使用しています。アフィリエイトでガッツリ儲けようという意図はなく、デザイン的にもいいし投稿も楽なので、AmazonJSというWordPressのプラグインを使用してリンクと画像を挿入しています。先月はちょっと用事があってブログ記事は1回しか投稿できませんでしたが、その時には何の問題も無くAmazonへのリンクが表示されていました。ところが昨日久しぶりに投稿でもしようかと自分のブログを見てみると、投稿中のAmazonアフィリエイトリンクが全く表示されないではありませんか。以前同様な現象が起きた時はProduct Advertising API(PA-API)の認証キーを再生成することで解決したので、今回も同じ方法を試してみましたがダメでした。

調べてみると、WordPressやAmazonJS側の問題ではなく、私のPA-APIが無効になっている可能性が高いようです。今年に入ってPA-APIの利用ポリシーに改定があり、1ヶ月以上アフィリエイトの売り上げが無い場合にPA-APIの利用ができなくなるとのことです。売り上げレポートを見てみると、2月には売り上げがありましたが、3月に入ってからは確かに売り上げがありません。うーん。

PA-APIを使わずにAmazonの商品ページから生成するリンクに置き換えてもいいのですが、数が多いのでちょっとやる気がおきません。アフィリエイトの売上実績があればPA-APIを再び利用できるようになるみたいですので、見た目は悪いですが、しばらくこのままで放置して様子を見たいと思います。左のカメラ・レンズのAmazonへのリンクは生きているので、そちらが利用されることを祈るのみです。いつまでも復活しないようなら、コツコツとリンクを書き換えましょうかね・・・。

私のような弱小ブログのオーナーにはこの30日ルールは厳しすぎます。今までも1ヶ月売り上げが無いことなんてしょっちゅうあります。せめて90日ぐらいにしてもらえないですかね。

Fit Boxing

ここ数年で体重が増えてきています。自己最高記録に迫る勢い。なんとかしないといけません。しかし走るのは嫌いだし、ジムも長続きしそうにありません。また、炭水化物抜きなどの極端な食事制限はしたくありません(もちろん節制はしますけど)。やはり自分に合ったやり方・長続きするやり方でないと効果は無いと思っています。

そこで、評判のNintendo Switch用ソフト、Fit Boxingを試してみることにしました。大好きなゲームで毎日ノルマをこなしていく形なら長続きするだろうと考えました。

日常生活で腕の筋肉を使うことがほとんど無いので、初日からすぐに筋肉痛になりました。最初はおすすめの35分のメニューをやったのですが、腕が上がらなくて顔を洗うのもつらい状態になってしまったので、次の日から15分の短いメニューに変更。まずは少しずつ体を慣らしていこうと。腕の筋肉痛は数日で治りましたが、膝の屈伸を使う動きが入ってくると今度は腿が筋肉痛になり、さらに腰をひねる動作が入って腰痛も・・・。まさに日頃の運動不足のツケが出ました。

ソフトに関しては不満な点がいくつかあり、特にコントローラーの反応が悪いのは気になります。パンチを出しても反応せずにMissになってしまうことも多く、かと思えばリズムを取っているだけでパンチを出していないのに反応してしまうこともあります。私が想定されている動きをしていないという可能性もありますが。そのためスコアはあまり高くありません。でもリズムゲームとしてスコアを競うより、きちんと体を動かすことの方が私には重要なので、あまり気にし過ぎないようにしています。

現時点で始めてから約1ヶ月続いています。どこにも出かけず(着替えず)家でさっとできるのが長続きの要因でしょう。平日は夜しかできないので、15分ぐらいのメニューが結果的にちょうどいい感じです。正直、まだ体重に顕著な減少は見られませんが、コツコツ気長に続けてみようと思います。

Capture One Pro購入完了

約1ヶ月の試用を経て、Capture One Pro 12を正式に購入することにしました。Capture One ProにはFujifilm専用とSony専用もありますが、両方のメーカーのカメラを持っているのに加え時々Olympusも使っているので、メーカー限定でない通常版を購入です。

金額的には、永久ライセンス+アップグレード(ほぼ毎年)の方が長期的には安くなりますが、今年になってからアンバサダー経由の割引クーポンが無くなってしまった影響もあり、5年以上使ってやっと買い切りの方が安くなる試算になります。将来的にまたLightroomに戻ってくる可能性もありますし、Adobe同様にサブスクリプションのみになってしまう可能性もありますし、5年先のことは分からないので、 とりあえずサブスクリプション(年一括支払い)にしておきました。

現在のAdobe CCのフォトプランよりも高くなってしまいましたが、いいんです、払う価値があると感じたのですから。Adobeのサブスクリプションはもうしばらくは続けますが、Capture One一本でいける自信がついたらサスペンドするつもりです。

試用期間はほとんど写真の管理方法の研究に費やしてしまったので、現像に関してはまだまだ十分に試せていません。Lightroomで出来ていたのにCapture Oneでは出来ないことが色々ありますが、それをカバーするための私なりのやり方を試行錯誤していました。なんとなくまとまってきたので、これからは時間をかけて現像操作を勉強・練習していきます。

Enjoy Photo & More!