「Olympus STYLUS 1」タグアーカイブ

昨年手放したカメラたち

昨年の秋に出張で日本に行ってきたのですが、使わなくなったカメラとレンズをその際に売却してきました。

以前も少し述べたのですが、シンガポールでは店での買取価格が安く、また個人間の売買もトラブルが多いため、機材の売却は日本の信頼できる店でと思っています。しかしこちらで購入した機器は電源プラグの形状が違いますし、言語設定で日本語が選べないもの(ソニー機)もありますので、日本では買い取ってもらえないものと思い諦めていました。でも、調べてみたら海外モデルでも買い取ってくれる店もあるとのこと。日本国内モデルに比べると買取価格が下がってしまいますが、何店か調べた中で最も減額が少ないと思われるところで売ることにしました。

今回売却したのは以下のカメラとレンズです。思い出の写真とともに振り返ってみたいと思います。

Sony α6000 + SEL1670Z + SEL24F18Z

今でも全然現役で使えるカメラですが、使わないまま置いておくのはもったいないので、他の人に使ってもらうことにしました。APS-Cセンサーのサブ機は今はX100Fに取って代わられましたので。この2本のレンズもともに素晴らしく、下手なフルサイズ用のレンズよりよっぼどよく写ります。

特に思い出深いのはやっぱりイタリア旅行です。このカメラと2本のレンズの組み合わせで色々な思い出を写真に残すことができました。他にも、動物園・植物園・水族館と様々な場所で使いました。

ヴェネツィアの大運河
ヴェネツィアの大運河
夜のドゥオーモ
夜のドゥオーモ
Don't Bite Your Nails
Don’t Bite Your Nails
Flower Ring
Flower Ring


Sony NEX-6ダブルズームキット(SELP1650 + SEL55210)

シンガポールに来てから最初に買ったカメラ、最初のEマウント機でした。α6000を買って以来使ってなかったのに前述の理由でずっと手元で眠っていましたが、ついに売却できました。

カメラ自体の質感はα6000よりもよかったのですが、全ての写真がちょっとアンダー気味になるのが不満でした。また標準パワーズームもコンパクトなのは素晴らしいものの写りに満足できず、1年でα6000を買うことになりました。望遠ズームの方は悪くなくて、α6000でも使っていました。ちなみに、NEX-6で使っていた他のレンズ(SEL35F18とSEL50F18)も2016年にすでに売却していましたので、これでAPS-CのEマウントレンズは全て手元からなくなりました。

Fighting Dinosaurs
Fighting Dinosaurs
Flamingo Lake
Flamingo Lake


Olympus STYLUS 1

フルサイズ換算で28-300mm、しかもF2.8通しという使い勝手の良いコンパクトカメラでした。ただし、センサーサイズが1/1.7と小さいので、F2.8といってもあまりボケませんし、特に暗所ではAFも遅くノイズも多かったです。コンデジでも1インチ以上のセンサーが主流になった昨今ではさすがに厳しいです。

Trailing with Monkey
Trailing with Monkey
MacRitchie Reservoir
MacRitchie Reservoir


防湿庫と物置がちょっとだけスッキリしました。今回手放した機材の中でも特にα6000とレンズたち(SELP1650を除く)は本当に良い写真を残してくれました。それ以外はもっと使い込んであげれば良かったなぁと反省しています。購入額と売却額の差額分以上の価値が得られるよう、手持ちの機材を使いこなすように努力したいと思います。

Trailing with Monkey

Trailing with Monkey
Trailing with Monkey

マックリッチーのトレッキングコースを数時間かけて歩きました。林の中を歩いていると、猿たちにであうことができます。


Walked through MacRitchie trekking course for several hours. Met monkeys along this course in the forest.

MacRitchie Reservoir

MacRitchie Reservoir
MacRitchie Reservoir

シンガポールは小さな島ですが、自然もたくさん残されています。そんな自然保護区の一つ、島のほぼ中央部にあるマックリッチーに行ってきました。


Singapore is a small island, but there are many nature reserves. MacRitchie Reservoir is one of them, located at the centre of the island.

Hungry Lions

Hungry Lions
Hungry Lions

ナイトサファリに行ってきました。トラムに乗りながらではブレまくって全く撮影できなかったので、降車後に再び歩いて散策。するとライオンの餌付けの時間に遭遇したので、ISO12800の拡張超高感度で撮影。1/1.7のセンサーサイズじゃ常用感度では全く歯が立ちません。後処理でノイズを消すのも、どうしても潰れちゃって難しいですね。


Visited Night Safari. It was impossible to take photo when on the tramcar, so walked around again, then encountered feeding to lions. Shot at super high ISO speed of 12800. No chances with normal ISO speed at all on 1/1.7 sensor size camera. Post-processing to reduce noises was also hard and details were lost.

OI.Share

ずいぶんと間が空いてしまいましたが、再開します。

最近のカメラはほとんどがWifi機能を持っており、各社ともiPhone等モバイル端末で連携するためのアプリを無料で提供しています。ソニー・キヤノン・オリンパスのアプリを使ったことがありますが、オリンパスのOI.Shareがダントツで使いやすく機能も豊富です。

デジカメからの写真の取り込みはたぶんどのメーカーのアプリでも可能でしょう。ライブビューでの撮影・リモコン撮影も多くのアプリで可能です。OI.Shareはそれに加えてGPSログの記録とデジカメの写真への位置情報の埋め込みができます。さらに、オリンパスが誇るアートフィルターを適用して写真加工をすることができます。このフィルターはオリンパスのカメラで撮影した写真に限らず、iPhoneで撮った写真や他社のカメラで撮影してiPhoneに取り込んだ写真に対しても適用することができます。ですので、オリンパスカメラユーザーでない人も、アートフィルターに興味がある人はダウンロードして試してみてもいいと思いますよ。


It has been a while from the last post. Now I want to restart.

Recent digital cameras have wifi function, and manufacturers are offering free app for mobile devices like iPhone. I have ever used apps from Sony, Canon, and Olympus, and Olympus’s OI.Share is significantly easier to use and having many useful functions.

Probably all apps will let you import photos from your cameras. Live view shooting and remote release will also be available in most apps. In addition to these, OI.Share enables you to log GPS records and embedding them into your photos. Furthermore, Olympus’s proprietary art filter can be applied to your photos. It is available not only to those shot by Olympus’s but all photos in the device, including iPhone’s photos or those imported from non-Olympus cameras. Hence, if you are interested in art filters, even you are not an Olympus user, it may be worth downloading and trying.

New Camera

1ヶ月のご無沙汰でした。来月頭まで留守にするので、今年に入ってから撮った写真はまた帰ってから掲載しますね。

で、新しいカメラを買っちゃいました。オリンパスのSTYLUS 1。コンデジです。

最近特に思うのは、とにかくカメラを持ち歩いてシャッターを切らないと始まらないってことです。重く大きいボディや何本もある交換レンズは、持ち出すのが大変です。特に家族と一緒に出かける時には。適切なレンズを持っていないと撮れない被写体がありますし、またレンズを持っていても交換しているうちにシャッターチャンスを逃すこともあります。

今回STYLUS 1を購入した直接の動機は、旅行に際して荷物を減らすため。レンズ一体型で28mmから300mmまでF2.8通しでカバーできるので、望遠レンズも単焦点レンズも持って行かなくて大丈夫。センサーサイズは小さいので画質とボケは妥協するしかありませんが、それよりもシャッターチャンス重視です。


It has been a month since last update. I will be out of town until early next month, so I will upload new photos in this year after I come back.

I bought a new camera. Olympus STYLUS 1. It’s a compact digital camera, not lens interchangeable.

Recently I really think that bringing camera and releasing the shutter is the most important for photo shooting. Big & heavy body and many lenses make me feel reluctant to take out, especially when going out with family. However, some objects cannot be shot without appropriate lens. Even with lenses, shooting chance may be often missed while changing lenses.

Now I bought STYLUS 1 to reduce stuffs for my coming travel. STYLUS 1 covers FF-equivalent 28mm-300mm with constant F2.8. No need to have tele zoom or single focal lenses. The size of the sensor is small and I need to compromise the quality and bokeh. But I want to prioritise not missing the chances.