WordPress 3.1とJetpack

WordPressを3.1にアップグレードしました。

今回もいつも通りに自動更新。これまで自動更新で何のトラブルもなかったのですが、今回初めて一発ではうまくいきませんでした。「データベースをアップグレードしています」で表示が止まったまま全然先に進まなかったのです。本来なら「WordPressの更新を完了しました」の表示が出て終了のはずなのですが。

しばらくはサイトも管理者ページもメンテナンス中の表示が出て全くどうしようもなかったのですが、ある程度放置した後に管理者ページに再アクセスしてみると、「データベースの更新をしてください」という表示が出ました。指示通りボタンを押してデータベースの更新を行うといつもの管理者ページに移動しました。使用中のバージョンの表示はきちんと3.1になっているものの、画面上部に正しく更新されていないとかなんとかいうエラーメッセージがでています(スクリーンショットを取っておけば良かったと後悔)。

試しにもう一度自動更新を行ってみると、今度はすんなりと更新が進み、エラーメッセージも消えて無事更新完了。

さて、3.1の新機能ですが、やはり目立つのは管理バーでしょうか。最初は必要ないかなと思っていたのですが、使ってみると意外と便利。このブログではテーマ内にログインとか管理者ページへのリンクとか表示していないので、サイトと管理画面を行き来するのに使ってます。

更新と同時にJetpackプラグインも導入しました。レンタルブログであるWordPress.comのいくつかの機能を、自分でホスティングサービスにインストールしたWordPressでも利用できるようにするプラグインで、以下の解説が詳しいです。

WordPress.com の便利機能をインストール版に! Jetpack を導入してみた | Odysseygate.com

私が実際に使っている機能は少しだけですが、結構気に入ってます。

WordPress.com Statsは以前から単独のプラグインで使用していました。WordPress.comのサイト統計情報の表示はずいぶん前に脱Flash化・棒グラフ化され、早くプラグイン版にもにも適用されないかと待っていたのですが、現在まで反映されず(iPhone/iPadからだとFlashは見れませんから)。Jetpackの登場でやっと解決です。

Gravater Hovercardもなかなか面白いですね。

Sharedaddyは使ってみようかと思いましたがやっぱりやめました。以前使っていて現在は外しているツイートボタンの、カウント数の非整合性がやはり気になるので。

Jetpackで気になるのは、個別の機能のオン・オフがちょっと分かりにくいのと、管理画面左のメニューでサイト統計情報へのリンクがダッシュボードの下からJetpackの下へ移動したため1クリック多く必要になったことでしょうか。今後どのような機能が追加されるか楽しみです(評価機能、アンケートあたりでしょうか)。